2016.12.05 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.11.26 Saturday

    ラッキー7

    0


      11月25日、息子は7歳の誕生日を迎えました。6歳児だとまだ幼稚園児もいるわけだけど、7歳からは正真正銘小学生以上。 まだまだ赤ちゃんみたいに甘えん坊なとこもあれば、最近、ワタシが話しかけても無視したりして、ちょっとイラっとくることもあるけど、でもこれも成長の過程なんだよね。

      お誕生日が金曜日だったので、学校のお友達男女合わせて5人きてくれておうちで誕生日会。お部屋の飾り付けとかいったいいつまでやるんだろ・・と思いつつ息子も楽しみにしてくれているし、まだ娘の時もやるんだろうから。。と今回もかわいく飾り、ケーキも手作りしました。かなり微妙なフォーゼになってしまいましたが、息子は喜んでくれたし、お味の方もまあまあでした。



      今日、土曜日はいつも通り両方のおじいちゃん・おばあちゃんと義兄家族がきてくれての誕生会。今年のプレゼントはついにwiiデビューになりました。決して早くもなく、やってる子は幼稚園児の時からやってるんだろうけど、うちはまだまだ・・と思ってて。
      でも学校に入ると、学校のお友達の家とかに遊びに行くことも多く、そこで必ずと言っていいほど、wiiやDSをみんなやるんですよねえ。。息子も本当はDSのが欲しかったみたいだけど、どうしても集まってDSやってる子どもの姿がまだ受け入れられなくって、とりあえずwiiなら家族で遊べるかなということで、ついにOKだしました。



      wii本体を買おうと思ったら、義弟が「つかってないのであげるよ」とまたしても一眼の時のような気前のよさでプレゼントしてくれたので、ソフトや追加のコントローラーやもろもろいろいろ買いました。



      うちの50インチ画面でやるテレビゲームはなかなか臨場感あって楽しい〜。
      しばらく家族でのめり込みそうな予感です。

      他にもキックボードやラジコンやいっぱいいっぱいプレゼントをもらった息子。
      毎年のことなんだけど、ちょうど1カ月後がクリスマス。もうサンタは来なくていいだろ。。と思うのだけど、やっぱり、そこは「サンタは別腹」(笑)みたいです。



      7歳のお誕生日おめでとう。 7年前、生まれてきてくれてから、ずっとずっと大好きだよ。
      いつも怒ってばかりのママだけど、いつまでもママ大好きな甘えん坊さんでいてね♡
      2011.11.03 Thursday

      救急搬送

      0
        昨日、無事幼稚園から「入園決定通知」を受け取った娘。今日はささやかながら、家族でお祝いランチをして、そのあとお買い物へでも。。今日は3日なんで、娘はちょうど、3歳7カ月を迎え、いい記念だわ^o^なんて思っていたのに・・・・・

        今朝8時半ごろ、家の中を走ってて転倒。ドアの建具の角におでこ
        をぶつけて、ぱっくり縦に3センチくらい切れて、血が吹き出して泣いてる娘。今日は祝日で病院も空いてないし、これは自力で病院を探すのはムリと判断し、即、119番。救急車がすぐきてくれるというのだけど、なにせその時点で全員パジャマの我が家。とりあえず傷口をパパが押さえている間に、ワタシが着替えだけして、保険証やお財布など最低限だけ持って娘を抱えて、マンションの下へ行くとすぐ救急車が到着しました。

        その時点で娘はもう泣きやんでて、血もとりあえず止まってたので
        、傷口と娘の状態を見て救急隊員の方が、これは脳には異常はなさそうなんで、脳外科ではなく、形成外科に搬送した方が、傷口がきれいに治るだろうという判断をしてくれて、そこから受け入れ病院を探してくれたんだけど、形成外科って基本的にそんなに命にかかわるようなことでない場合が多いので、祝日では形成の先生がいないとこばかりで、もう十数軒の病院に問い合わせても全部ダメで、どうしてもなければ、普通の脳外科か外科で縫ってもらうしかない。。ということに。傷口を長い時間そのままにしておくわけにもいかないだろうし、しょうがないと思いつつもやっぱり女の子だし、なるべくきれいにやってくれる形成の方が・・と思っているワタシの気持ちをくんでくれて、救急隊員の方、ほんとに粘り強く搬送先を探してくれること40分くらい。その間、ずっと救急車はマンションの下に停まってたんだけど、ついに形成の先生がいる病院が見つかった!そこから、サイレンを鳴らして、救急搬送。普通ならうちから1時間はかかるであろう大学病院に、ノンストップで30分ほどで到着。


        スタッフの方も準備して待っててくれてました。その時には娘はすでにすっかり元気だし、機嫌も悪くなく(なにせ、救急車の中で大興奮。「ピーポーピーポー ♪」と言いながら乗ってた)、自分で診察台に乗って、目隠しにガーゼをされたり、顔の上にシートをかけられて、注射で麻酔、そして縫合まで、何回か「いた いーーー」ということはあっても、暴れたりすることはなく、ほんとにいい子にじっとしてがんばれました。

        縫合しながら、先生が研修医みたいな若い先生に説明しているんだけど、「ここが頭蓋骨・・」とか言っちゃって、それを聞いているワタシの方がたまらない気 分でした。ま、おでこなんて薄いからすぐに骨までいっちゃうんだろうけど。きれいにやってくれてはいるんだろうけど、縫ってあるので、今はおでこがフランケン状態の娘。

        抜糸まで5日間くらいかかるっていうし、週末予定してた七五三は延期だな。15日までにお参りすることできるかしら。ま、もう写真は撮ってあってお参りだけなんで、
        いつでもいいんだけどね。

        女の子なのに、顔に傷を作っちゃって。。>_< とため息ばっかり出るけど、このくらいで済んでよかったと思うべきなのか。。パパには「ママの血筋だ」と責めれるしさ。ワタシもぐったりです。


        処置後、すっかり笑顔の娘・・・・よかったけど、ちょっとうらめしいよ。




        2011.10.07 Friday

        のびゆくすがた

        0


          今は通信簿とか通知表とか、成績表とか言わないのね。・・ってか自分の時もなんか違うタイトルだったっけ?
          もう覚えてないほど昔の話だけど^^;;

          うちの市は学校は2期制なので今日が前期の終業式で、息子は初めての成績表をもらって帰ってきました。



          全教科「達成しています」。1年生は2段階で、しかも先生の説明で「8割できてればOK」とのことだったんで、きっとほぼ全員、みんなこの成績なんだろうな。 でも「もうすこし」がなかったのでまあ、よしかな。

          生活の様子で「特に顕著にできている項目に○」という欄が何1つ○がなかったのが残念だけど、まあ、次回は何か1つでも○が付くのを目標にしよう。

          先生からのコメント、いろいろと細かく書かれていたけど「学校生活を楽しんでいました」という言葉があったので、これ以上のことはないです。風邪 で2回お休みしちゃったけど、他は1回も「学校行きたくない」とか言わずに、ほんとに元気に通うことができました。これから始まる長い学校生活のスタート としては、上出来の前期の成績だったと思います。
          よくがんばりました。はなまるポン!*^^*
          2011.10.04 Tuesday

          3.5

          0
             

            娘は3歳半になりました。4歳まであと半年。誕生日が4/3の娘は来年の入園式にはもう4歳になっているわけで、他の子より少しお姉さんなのかな。

            最近、お兄ちゃんの影響でか、工作にはまっている娘。最初はハサミも危ないと思って、ダメダメと言ってたんだけど、考えてみれば息子が3歳半の頃は もう幼稚園でハサミも使ってたし、そう考えるといつまでも赤ちゃんだと思ってたけど、すっかり成長してしまったんだなあと。 でもなぜかいつも開脚で作業する人。体の柔らかさをアピールしているのか。そこらへんはまだ赤ちゃん並みのぐにゃぐにゃです。



            ちょっと前までは好きなものしか食べず、見たことないものは絶対食べないので、ほとんどが米、イモ、肉!野菜は大根やニンジンなどの根菜のみみた いな食生活でしたが、最近は食べられるものもだいぶ増えてきて、いろいろチャレンジするようにもなりました。昨日は初しいたけ、今日はナスも食べていました。

            洗濯ものをたたむのを手伝ってくれるんだけど、最近は靴下を同じものを探してペアにしてくれます。
            でも自分の、お兄ちゃんの、ママの・・と言いながらやってくれるんだけど、なぜかパパの靴下だけはスルー(笑)洗濯したやつだから、におうってこともないと思うんだけどなあ。。なんでだろう? ^^;;



            幼稚園にいくのが楽しみでしかたない娘。4歳になったらいけるよと教えてあげたら、「3歳やだーー。4歳がいいーーー」と号泣。だから、あと半年だってば^^;;

            最近、娘がお兄ちゃんに「だらだらしないで、早くしなさい!」とか「おしゃべりはいいから早く食べなさい!」とか「よけいなことしないでっ#」と怒ったりしているんですが、息子はママにも妹にも同じこと言われちょっとかわいそうに・・と思ってしまいました。あまり聞いてていいものではないので、ワタシも気をつけよう。
            2011.09.30 Friday

            ALT

            0
               次回発行の広報誌で今年から小学校でも必修科目になった「英語」の授業について取り上げることになり、取材で6年生の英語の授業を見てきました。
              ALTはAssistant Language Teacherの略で英語を母国語にする先生のことです。うちの学校に来ているのはイラン人の女性の先生で(あれ?イランって英語話すの?^^;;)日本語もお上手なのですが、授業はほぼすべて英語のみ。
              この日はcanを使った会話で、I can swim.とか、I can play soccer.とか、そこから発展させて Can you 〜?みたいな会話を2人1組になってやったりしてました。

              授業のあと、このALTの先生とそれからうちの小学校で英語教育の担当になっている先生とにお話を聞くことができました。
              一番聞きたかったのが、ワタシたちの時代の英語教育というのは中学校からABC、This is a pen.から始まって、、というものでしたが、小学校から必修科目になることによって、そこらへんはもう小学校で学んできているという前提になり、中学英語が変わったのか、、という点でした。答えはNo。中学英語は一切かわらず、アルファベットやIが主語、amがbe動詞みたいに文法から入るそうです。それにひきかえ、小学英語では、こういう文章も一切文法を教えることなく、耳で聞き、目で見て、体で体感する授業が行われ、英語学習の評価は理解力や英語のスキル は求められず、いかに英語に親しみ、積極的にかかわってコミュニケーションをもとうとする姿勢が評価のポイントだそうで、いわゆるペーパーテストはないそうです。
               
              なので、たとえば小さい頃から英語を習っているとか、帰国子女である子が必ずしもいい成績を取れるわけではなく、むしろまったく初めて英語の触れる子でも、授業を楽しむことが出来ればその方が評価が高くなるんだって。

              うちの学校では1年生からあるALTの授業ですが、各学年を通しての目標は 「ふれて・なれて・したしむ」だそうです。
              なかなか面白い授業で、今の子たちは恵まれているなあ〜と思いました。ワタシももうすっかり忘れちゃって今日、先生と英語で話すのドキドキしちゃったので、また1からちゃんと勉強したいなあ。

              子どもたちにはせめて英語は、旅行に行った時に困らないくらい、いや、出来れば世界中の人とコミュニケーションを図るツールとして身につけてほしいのですが、なかなかいろんな条件を満たす先生を見つけられていません。ワタシ的には英語の勉強はまったく教えてくれなくてもいいから、ただ1時間遊ぶとかおしゃべりするだけの環境を作ってくれる外国人の先生がいたらいいなあと思うのですが。。。発音だけは正しいものをワタシが教えてあげることが出来ないので。息子はもうすでに「日本語で」ものを考えて話すようになってしまっているのですが、娘はまだ英語を受け入れる余地がありそうなんで、なんとか早めに先生を見つけてあげたいと思ってます。
              2011.09.04 Sunday

              この笑顔100円♪

              0


                3歳5カ月を迎えた娘です。食べることが大好きで、CMでおなじみの「この笑顔100円~♪」どころか100万ドルくらいの笑顔をみせてくれます。ちなみに好きなのは、チョコ、ピザ、ポテト・・・・ジャンクなものが多いなあ~~。君はアメリカ人になれるよ(笑)

                  

                相変わらず身長も体重もちっとも計ってもらえてないんだけど、おそらく91センチくらい、13キロくらいでしょうか^^;;食べている物の種類とボリュームの割にはそんなに太ってはいません。
                実はまだおっぱいが止められていなかったんだけど、ここ数日夜寝る時のおっぱいは我慢してて、我慢してると言っても、どうしても眠くなると「おっぱい飲みたーーい!」「寝られないのーーー!」とのたうちまわりつつ、最終的に睡魔に勝てず眠りに落ちるということを毎夜繰り返しています。目に涙をいっぱい溜めて「おっぱい飲みたいの」と言われると、ついグラっと来てしまうのですが、最近虫歯も見つかってしまったし、やっぱりおっぱいがないと寝られないという状況は、ワタシが用事で出かけていても帰ってくるまで、絶対起きてて、ほんとにふらふらになっているのでかえってかわいそうで。
                とはいえ、ワタシにとってもおそらく人生最後の授乳になるだろうし、どうしても今すぐに無理やりやめさせなきゃいけないと考えているわけでもなく、お昼寝はおっぱいで・・・という中途半端な感じになってますが、たぶんお昼寝はそのうちしなくなるだろうし、それならとりあえず夜のおっぱいだけやめてみようかなと思っています。

                息子は学校が始まり、元気に登校しています。まだ夫の会社の節電対策の輪番制が解除されていなくて、夫は日曜日出勤だったりしているので、日曜日、パパがいないと息子の「つまんないー」「どこか行きたいー」攻撃に辟易してしまい、なんとかその時間をやりすごすべく、今日はおうちで子どもたちと一緒にパン作りをしたり、息子が育ててた朝顔の花で色水を作る実験をしたりして、今日もなんとか日曜日を消化できました。



                娘のかわいい映像があります。
                こんなオチだとはちょっとびっくりって感じなんですけどね^^;;

                2011.08.23 Tuesday

                総仕上げ

                0


                  夏休みの宿題の工作で作った2階建てバスです。図工の宿題と言ってもテーマは自由で、何か作ってもいいし、絵を描いてもいいし・・ということで、夏休みの初めに息子に「何を作る?」と聞いたら「バスが作りたい!」とのことで、まずは自分で絵を書いたりしてみていましたが、7月の終わりに銀座にいった時にみた2階建てバスがとても印象的だったようで、2階の展望車もつけることになりました。

                      

                  牛乳パックで作ったのですが、ところどころじいじに手伝ってもらったり、アイディアを出してもらったりしてましたが、ほとんどは自分で作ることができたそうです。
                  タイヤもちゃんと回転するので走ることができます。2階の展望車には座席も設置してあります。親ばかかとは思いますが、1年生にしてはけっこうよく出来たかな。

                  1年生の宿題はほんとに簡単な課題だし、量も少ないので宿題を終わらせられないなんてことは全然ないのだけど、それでも絵日記を書いたり、朝顔の観察をしたり、国語と算数のドリルをやったりと、過ごしているうちになんだかんだ気づけば夏休みも今週いっぱい。



                  家にいるとママに叱られてばかりだし、いい加減、ママの目のないところで思い切り友達と遊びたい!という感じの息子。日焼けした顔で来週からの登校を楽しみにしています。

                  2011.08.18 Thursday

                  3歳4か月

                  0


                    もうだいぶ過ぎてしまったけど、娘は8月3日で3歳4カ月になりました。最近はキッチンに立ちたがったりと、ずいぶん大きくなったものですが、3歳4か月と言えば、娘が生まれた時の息子がちょうど3歳4カ月でした。

                    当時、入園したばかりとはいえ、幼稚園生だったし、それに息子はかなり小さい時から、ずいぶんとしっかりお話をしていたので、なんだかもっとすごいお兄ちゃんな気がしていたのですが、その時の写真をみるとこんな感じ。↓



                    生まれたばかりの赤ちゃんの娘もほんとに小さいですが、息子のまだほっぺのぷくぷくしたあどけなさの残るお顔にもびっくりです。ああ、息子はこんなに小さい頃から「お兄ちゃん」として今日まで過ごしてきているのね。。と改めて思いました。

                    だって、とってもしっかりしているし、強い性格の娘だけど、それでも今もし、この娘が3歳4カ月で「お姉ちゃん」になるとしたら、まだまだ赤ちゃんだと半分思っているので、絶対ムリムリ~~って思うもの。赤ちゃんにきっとひどいいじわるをしそうだわ(汗)

                    そう考えると息子にはずいぶんと我慢や寂しい想いをさせてしまったんだろうなあ。妹にママをとられた感はありありで、今でも相当根に持っている感じだけど(笑)

                    でもね、実は娘(妹)は息子へ贈るワタシからの一生で一番のプレゼントだったのだと思います。ママ、高齢出産でもがんばったんだから^^;;
                    自分が1人っこなので、この先、いろいろ不安なことが多いのだけど(両親の老後とかね)、それを息子が1人で背負うのではなく兄妹で助け合って生きていってもらうのが最大の願いです。



                    きっときっと強い(しっかりした)妹は、弱い(優しい)お兄ちゃんを助けてくれるはずだと信じてるよ。
                    2011.07.26 Tuesday

                    逆生過剰歯

                    0
                      歯については何かとトラブルの多い息子。なんと3歳で麻酔をかけての虫歯治療を経験しています。その後もちゃんと歯磨きしていても何回も虫歯になり、乳歯ですがすでに何本か銀歯もいれているのです。

                      その息子の上の前歯、もうずいぶん前に1本目の永久歯が生えてきていたのですが、その隣が乳歯が抜けても全然生えてこなくて、数か月たってやっと生えてきたと思ったら、隣の
                      歯とずいぶんな隙間が。。

                       

                      これはおかしいとかかりつけの歯医者さんでみてもらったら、その隙間の部分の歯ぐきの中に、もう1本歯が埋まっていると。それも上の歯にも関わらず、下向きでなくて上向きの歯があると。そしてその歯は全体の本数より1本多い余分な歯。逆生過剰歯というそうで、そんなに珍しいことではないそうなのですが、なにせその部分が前歯のまん真ん中なので、これはこの歯ぐきの中に埋まっている歯を抜歯しないと、前歯に隙間が出来たままになるとのことで、かかりつけの歯科医から大学病院の小児歯科を紹介されました。

                      そして、夏休みになるのを待って昨日、大学病院を受診してきました。
                      珍しくない、局部麻酔で普通に抜ける、、と言われていたって、前歯の抜歯なんて普通に考えただけで、怖いじゃないですか。・・・と思うと、ほんとに最初にかかりつけで診断を聞いた時からかなりナーバスになってたし、でもやるとしたらこの夏休みしかないと思い、かなり覚悟を決めて病院へいきましたが、結局大学病院での診察の結果、抜歯する個所の両側の永久歯が今は生えてばかりで成長段階なので、抜歯の歳、両側の歯の根っこにダメージを与えかねない・・ということになり、過剰歯の抜歯は冬以降、1年以内くらいに・・・ということになりました。

                      ま、この夏は抜かないけど、遅くとも1年以内くらいには抜くことになると思うと言われたし、抜いたあと開いてしまっている前歯の隙間や、それによってちゃ んと生えてこれなくって、おそらく前歯の裏側に出てくるか、狭い隙間に変な向きでムリムリ出てくるかの2番目の歯を将来的には矯正することにはなるんで、 まだまだほっとするレベルではないんだけど、それでもまだ6歳の今のかなたんが・・・なんて考えたら、それだけで心配だしかわいそ うだしと思ってたので、ちょっとほっとしたかな。

                      息子的には普通に麻酔かけて歯の治療なんて慣れたもんなので、そこまでビビってなかっただけに、夏休みにがんばって歯を抜いたらずっと欲しくて欲しくてたまらないDSかWiiなんて思ってたのが、結局なしになってかなーーりがっかりしているようです。



                      大学病院の帰り、ちょうどお昼前だったので、夫にメールしたら一緒にランチ出来るというので、息子と夫と3人で、都内のおしゃーーーれなカフェでランチ。娘は実家でお留守番だったので、あのうるさいのがいないとなんて優雅なランチなんだ♡と(笑

                      歯のことがあって、ちょっとこの夏休みはワタシ的にはあまりぱーーっと開放的になれなかったのですが、昨日の診断で、やっと夏休みが始まった気分になれたのでした。
                      2011.07.03 Sunday

                      それぞれの新生活経過

                      0


                        6月下旬からの暑さにびっくりですよね。去年はまだエアコン使ってない・・・どころか、まだ家にエアコンが設置されていませんでした^^;;
                        今年は我が家はマンションの大規模修繕でしめきらなきゃいけない日があったりするので、すでにエアコン使用開始しています。

                        3歳3カ月になった娘は5月から「プレ幼稚園」に通い始めましたが、プレと言ってもお兄ちゃんが行ってた幼稚園なので、場所にも人(先生)にも慣れていて、なんの緊張感もなく、すっかりリラックスして、疑似幼稚園を満喫していますが、もはや学ぶべきこと何もなしという感じなんで、このテンションが来春の入園まで持つのかどうかが逆に心配だったり。

                           

                        相変わらず食いしん坊なくせに、体重はあまり増えず。昨日計ったんですが
                        身長91センチ、体重13キロちょうどくらいでした。

                        小学校にもだいぶ慣れて、お友達もたくさん出来て、今のところ学校生活を楽しんでいるように見える息子は、小さいながらもちゃんと成長しているようで、この1カ月半ほどで、身長が1.5センチ伸びて、108.5センチ、体重も少し増えて16.5キロでした。こちらは娘と逆で食べてないわりに増えている。。。^^;;

                        学校は宿題も多いし、毎日が時間に追われ、新しく学ぶこともいっぱいで、息子自身もきっと大変なんだろうけど、その全てを吸収していっているんだと思います。
                        最近は話しかけても、上の空だったり、テレビに夢中でムシされちゃったりと、きっとこれが幼児から少年への変化だったりもするんだろうけど、まだまだ妹と一緒にこんなのに乗りたい一面も見せたりしますが、急に「男」になられても寂しいので、まだまだかわいい「男の子」でいてください。



                        Calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << August 2019 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM