<< ラッキー7 | main | ナーバス >>
2016.12.05 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.12.04 Sunday

    晴れの日

    0




      怪我で延期していた七五三の御参りをしてきました。昨日までの雨と寒さがウソのようだったし、今年は少し遅いらしい紅葉も、11月よりきっと今の方が盛りで、そして今日は穏やかで暖かい日でとても「晴れの日」に相応しい晴れの日でした(笑)



      自宅で御支度をしていた時、髪を結って、飾りをつけて、着物を着て、どんどん御姫様になっていく自分の姿をみてうれしそうな恥ずかしそうな表情をしていた娘。

      でも最初こそぴょんぴょん跳ねたり、はしゃいだりしていたのに、御参りに出かけて神社に着くとすぐに歩きにくいし、窮屈だし、緊張もするしでなかなか笑顔を見せてくれず、この日のために一眼レフのカメラを用意していたというのに、ちっともいい写真が撮れませんでしたー>_<



      でもまあ、可愛らしかったし、いいお天気の中、無事に済んでよかったです♡
      怪我をしたおでこの絆創膏はそのままなので、これなら何も12月でなくて11月でもよかったのかも。。って気もしますが、、、^^;;
      もうずいぶん傷もよくなってきているので、ほんとはこの御参りの時だけでも絆創膏をとっていこうかな、、とも思いましたが、娘が大きくなって写真を見た時に「どうしておでこに絆創膏貼ってるの?」と聞いてきたら、「それはね・・・^皿^」と彼女の武勇伝を話してあげるネタのためにあえて貼ったままにしました(笑)




      息子も5歳の七五三の時に着た着物を丈を直してまた着せましたが、2年間で10センチ以上大きくなっていました。小さいなりにそれでも成長はしているもの ですねえ。それでも今の身長も5歳と言ってもおかしくないくらいしかないので、御参りの時通りかかった人たちに「まあ、3歳と5歳で一緒の七五三なのね え」とか言われてしまいました。7歳なんですけど^^;;

      それにしても日本人って不思議な民族ですよね。生まれた時のお宮参りと七五三ではほとんどの人が宗教関係なく、神社に行くんですもの。ワタシの父の実家はもともと神道の家系なので、神社というのは生まれてから死ぬまでずっという意識ではあったのですが、母の実家は仏教、そしてワタシが嫁いだ先では義父がクリスチャン、義母は仏教という中、もしワタシが死んだらどんな送られ方をするのかなあ。。なんて晴れの日には似つかわしくないことをちらっと思ったりしたのでした。

      とにもかくにも、娘ちゃん、七五三おめでとう。今以上にすくすくと大きくなーれ。
      くれぐれももう怪我は勘弁してほしいけどさ。



      2016.12.05 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM