<< 真夏の京都 | main | 夏の体験レッスン >>
2016.12.05 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.08.16 Monday

    TOY・STORY3

    0
       

      工作好きの息子。暑くて外に出たくない母は、そんな息子のために、空き箱やらセロテープやらをどっさり用意。そうすると集中して何かしてるので、こちらも助かります。そんな息子が今日、一生懸命作っていたのが・・・・・


         「銃を捨てろ!手ぇあげな

        

      とばかりの、ウッディ人形。IKEAで買った木製のポージング人形に紙で顔や洋服を作っています。
      顔を書くところは少し手伝ってあげたし、少しのアイディアは提供したものの、ほぼ全部息子が作りました。
      保安官の☆のバッチやガンホルダーなど、あちこち細かいところもよく見て、なかなかの出来です

      先週、映画『TOY・STORY3』を見に行ってから、しばらく忘れていたTOY・STORYブームが再燃したようで、いろんなものを欲しがるのですが、お人形が欲しいとかいろいろ言うので、「じゃあ自分で作ってみれば?
      とムチャぶりをする母に、「そうだね!」と目を輝かせる息子。出来上がった人形をうれしそうに眺め、いろんなポーズをさせるなどしてしばらく遊べそう。。。と思ったのもつかのま。凶暴な妹がお昼寝から起きて、「あ!トイストーリー!」と腕を掴んで振り回したりするので、長くはもちそうにありませんが

         

      で、、ここから映画の話。ネタばれになりますが・・・・・
      1作目・2作目以上にストーリーがすばらしかったと思います。
      ハラハラするスリリングなシーンでは、3Dの映像の効果もあってか、ほんとに手に汗握るという感じで、いつも映画で途中で飽きちゃったりする息子も、最後までしっかりと見ることができました。

      既に見たお友達とかから「ちょっとウルっとくるよ」とか言われてたんだけど、ワタシ的にはウルっとというよりけっこう涙がどんどん出てきちゃって、タオルで拭わなくてはならないほどでした
      中でも、全て片付いたアンディの部屋を見たママがそれまでは、急かすようにアンディに口うるさく言ってたのに、急にアンディを抱きしめて「ずっと一緒にいられたらいいのに」というシーンは、ママとアンディとの関係はもちろん、おもちゃとアンディとの関係、それからもっと大きく、みんな子供から大人になっていく・・という避けられない変化など深い思いがその言葉に詰まっていたと思います。ワタシもいつか子供たちと、こういう別れをするのかな、、と思ってしまいました
      そんなワタシの感想を帰りの車の中で息子に話すと、急に涙をぽろぽろとこぼして、「かなるはずっとママといっしょにいるよ」と言ってくれました。いつか君が大きくなってワタシの元から離れていった時には、距離は離れても、心はずっとそばにいられたらいいなと思います

        

      TOY・STORY3には連れていってもらえなかった娘と今日は2を鑑賞中です♪
      2016.12.05 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM