<< お日柄もよく | main | その後・・ >>
2016.12.05 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2008.10.28 Tuesday

    「命に関わりますよ!」

    0
      この1週間、咳と発熱と頭痛、体のふしぶしの痛みがあったワタシ。
      でも発熱と言っても高くても38度ちょっとだし、夕方熱っぽいなと思っても、
      翌朝にはすっかりさがってるし、咳も喘息の息子が時々起こす発作みたいなすごいの
      ではなく、喉が痛いなあ、タンが絡むなあという程度。こんなとき、子供のことなら
      すぐに病院連れて行っちゃうのに、自分のこととなるとなかなかフットワークよく
      動けないもの。でもそれがいけなかった。。

      先週金曜日の晩、再び発熱。その日は夫も帰りが遅いというので、翌日は幼稚園も
      休みだし、2人の子供を連れて実家に泊まりに行った。実家なら子供の相手もして
      くれるし、食事の支度の心配もない。ワタシは娘におっぱいをあげる以外は寝て
      いられるので、非常に助かる。翌日の土曜日もまだ微熱があったけど、夫が迎えに
      きてくれて家に帰った。日曜日は夫が息子を連れて出かけてくれたので、
      ワタシは娘と家でごろごろ。比較的楽な週末だったのに、日曜日の晩、咳がさらに
      ひどくなり、全然眠れなかったので、月曜日の朝一番で自分のかかりつけの病院に
      行った。ここは普段からちょっとした風邪の時など、授乳中でも飲める薬を出して
      くれるので、今回もそういう咳止めかなにかを出してもらおうと軽い気持ちで
      でかけたのだけど。。
      いつも診てくれる内科の先生がワタシの胸の音を聞いて「これはちょっとよろしく
      ないな」と。同じ病院に夫が喘息を診てもらっている呼吸器科の先生がいるんだけど、
      そちらに回された。

      いろいろ検査したところ、血液検査の数値がおもわしくないことと、肺のレントゲンで
      気管支にかなりひどい炎症があるとのことで、すぐに点滴を受けてくださいと言われた。だけど、ワタシ、ここへは「お薬をもらいにきた」つもりだったんで、娘をスリングに
      いれて連れてきていたし、朝10時には病院にいたのに、検査やらなにやらでもう
      お昼近い時間。午後には息子も帰ってきちゃうし、なにより娘が1時間もワタシの
      点滴に付き合えるはずもないので、「とりあえず1度帰って息子のお迎えを済ませて
      から、母に留守番にきてもらって子供達をみててもらい、夕方またきます」と先生に
      告げて、帰ろうとして診察室から出たら、先生がドア口まできて「必ず点滴しに来て
      くださいよ!命に関わりますからね!」と言われた。そこで初めて気づく
      「もしかしてワタシやばいの?」と(・_・)エッ..?

      おまけに大量に出された薬は、授乳中に飲めないものばかり。いつも診てくれている
      内科の先生は自分にも娘と同じくらいのお子さんがいるので、最近特に授乳中に
      飲める薬の勉強に熱心で常に母親と子供の身になって考えてくれるのだけど、
      呼吸器科の先生はそこらへんは一刀両断。ワタシが「この子、おっぱいしか
      飲まないんですけど」と言っても「ほんとにお腹がすけば飲みます」で終わり。
      まあ、ワタシがそんなこと言ってる場合じゃない状況なのかもしれないけど、
      自分的には咳以外は今は症状ないのでなんか納得いかず。それでも通常5日間
      飲まなきゃならない抗生剤を3日間にしてもらい、とりあえず水曜日までの
      授乳ストップにして、水曜日また診察してよくなってなければ薬継続。
      劇的に(←ここポイント)よくなってたら、授乳中でも飲める弱い薬に変えると
      いうことに。ワタシもまあ、しょうがないか、、と思い、帰りに粉ミルクを買って
      帰りました。

      だけど。。誰ですか〜!?お腹が空けば飲むと簡単に言ったのはっ(`ヘ´)飲まないんですけど、うちの娘。かなり強固に拒否。それでもだんだんとお腹が空くし、眠くもなるし、ワタシが夕方の点滴から帰ると泣きっぱなし。泣いて口を開けたとこに無理やりほ乳瓶いれて、なんとか50cc飲ませるのがやっと。夜も同じやり方で少しだけ飲んだけど、眠いのにおっぱいないしで、泣き続け、泣き疲れて眠る。そしてまた1、2時間で起きて泣くの繰り返し。安静と休養を言い渡されたワタシ、まったく眠れません。(T_T)

      娘は飲んでないからおしっこもあまり出ないし、このままじゃ命に関わるのは娘の方になっちゃいそう。薬、止めようかな。じゃないとワタシも休養できないし、共倒れになっちゃう。今日また病院に相談しに行こうかと思うんだけど、あいにく(幸い?)呼吸器科の先生、休診。内科の先生に泣きついてみるか。。
      2016.12.05 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        泣きついてきてください!
        そうは言っても飲まない子は本当に飲まないし
        このままだとMAUちゃんが脱水とかになったら・・ねぇ。
        ぜひ病院行って内科の先生にそうだんしてきてください!
        • れおぴん
        • 2008.10.28 Tuesday 09:03
        れおぴんさん>
        とりあえず、MAUがミルクを少しずつ飲んでくれるようになったので、今日までの薬は飲もうと思います。
        でももうこれ以上の授乳中止はワタシにもMAUにも精神的に限界なので、それは今日、先生に伝えてきます。
        また「命に関わりますよ」と言われたら「そんなこと言ったって、娘の命にも関わります」と言ってきたいと思います。
        でもまあ、実際のとこ、娘の方が状況を受け入れる力は強そうなんだけど^^;;
        • L*
        • 2008.10.29 Wednesday 06:36
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM